シンクグラフィカ札幌

メールフォームプロCGI

改行コードCRLFに対応(v4.2.0~)

過去のバージョンでは改行コードがLFに固定されておりましたが、CRLFやCRを選択できるようになりました。

ご利用のWebサーバやsendmailまたはpostfixの設定により、改行コードがLFだとうまくメールに改行が入らないケースがあるというご報告をいただき、改行コードを指定できるようにしました。

改行コードを指定する場合、config.cgiの
## メールの改行コード
#$config{'breakcode'} = "¥r¥n";

という部分の行頭シャープを外します。上記の¥r¥nはCRLFの例になります。

自動返信メールや管理者宛のメールに改行がうまく入らない場合などは上記の設定をお試しください。

OKアドオン(v4.2.0~) 指定要素を確認画面や送信時に表示しない(v4.2.0~)