シンクグラフィカ札幌

メールフォームプロCGI

指定要素を確認画面や送信時に表示しない(v4.2.0~)

確認用メールアドレスだとか、送信確認チェックボックスだとか、確認画面やメールに記載しなくてもいいかな~って項目ありますよね?

確認画面やメールに記載しなくてもいい項目をズバッとカットしちゃいましょう!というのがこの機能です。この機能はHTML側のみの設定でOK。フォームからCGIにpostする際に、指定エレメントをdisabledにしちゃうだけの機能になります。

本機能は入力エレメントに独自属性を付加することで有効になります。
例えば確認用メールアドレス欄を、確認画面やメールに表示しない場合は、
<input type="email" data-type="email" name="confirm_email" data-post-disable="1">
というようにdata-post-disable="1"というのを付けてください。

これで確認画面にもメールにも表示されず、ちょっとだけスッキリします。

改行コードCRLFに対応(v4.2.0~) 管理者宛にHTMLメール機能(v4.2.0~)