シンクグラフィカ札幌

メールフォームプロCGI

URL送信の制限

スパム送信対策機能のひとつで、送信内容にURLが含まれた場合にエラーを表示します。

スパムメール(迷惑メール)の99%以上がURLの送信を目的としているため、URLが送信された場合にエラーを表示し、メールを遮断します。この機能を有効にすることで、殆どの迷惑メールやスパムボットからの送信を遮断することが可能です。

URLの判定はhttpやhttpsなどの文字列判定のみなので、これらの文字列を含まない場合は普通に送信可能なため、URLの送信が必要なフォームの場合に置いても、さほど支障なく導入できるものと思われます。

ステルス機能 送信ドメインの制限