シンクグラフィカ札幌

メールフォームプロCGI

ブラー時にエラーチェック

ブラー(フォーカスが外れた)時のエラーチェックは即時性の高いエラーチェックを実現します。

inputタグやtextareaタグが選択された状態をフォーカス(focus)と言い、フォーカス状態が解除されることをブラー(blur)と言います。メールフォームプロでは確認画面に行く前に、入力フィールドからフォーカスが外れ、ブラーイベントが発生した時にすぐ、値の適性をチェックします。

そのため、各入力を終えてまとめてエラーが表示されるような事が発生しづらく、より即時性の高い訴求と円滑なアナウンスを伝える事が可能になります。エラーメッセージは自動的に表示されますが、カスタマイズすることも可能です。

日付フィールドの期間指定 文字数指定・制限