シンクグラフィカ札幌

メールフォームプロCGI

確認画面で入力内容の連結

確認画面や入力内容を複数の入力欄を連結して表示させるための機能です。

例えばお名前の入力フィールドがに分かれている場合など、それを1つの要素として確認画面に表示させたり、送信させたりするための機能である連結機能の説明になります。

2種類の連結機能

連結機能は2種類あり確認画面でのみ連結する(unjoin)送信結果でも連結(join)の2種類になります。本項ではその2種類の説明をいたします。

前述の例のように入力フィールドがに分かれている場合は
<input type="text" name="姓" /> <input type="text" name="名" />
このようなタグを配置する場合は
<input type="hidden" name="お名前" data-unjoin="姓+ +名" />
<input type="text" name="姓" /> <input type="text" name="名" />

と、指定することで確認画面ではお名前として認識されます。
送信結果を含めて連結させる場合は
<input type="hidden" name="お名前" data-join="姓+ +名" />
<input type="text" name="姓" /> <input type="text" name="名" />

となります。data-joindata-unjoinという2つの独自属性を利用してください。

多様な確認画面 自動返信HTMLメール