シンクグラフィカ札幌

メールフォームプロCGI

SSL、共有SSL対応

CGI自体がSSL、共有SSLに対応しているという事ではありませんが、SSL環境下で動作します。

SSLを誤解している人が多いので、簡単な解説をしますね。まず、SSLはCGIなどのプログラムとは一切関係が無いという事をご理解ください。SSLはブラウザとWebサーバ間の通信を暗号化するもので、CGIが対応している、していないというのは実際のところありません。

上記のようにhttpsプロトコルを通す事で、ブラウザとWebサーバ間の通信は暗号化されますが、Webサーバから送信されるメールは基本的に暗号化されません。そのため、より厳格なセキュリティを求める場合は送信されるメールに情報を記載せず、WebサーバにCSVで保存したり、DBにエクスポートする必要があります。

ただ、ブラウザとWebサーバ間を暗号化するだけでも意味はあります。それは公衆無線LANなどのオープンなネットワークを介した場合のパケット傍受から送信内容を守ることができるためです。メールはWebサーバ上から発信されるため、Wi-Fiネットワークのパケット傍受の被害は受けません。

よほど標的と成り得る特定の企業を除いてはメール通信の傍受などが発生する可能性は限りなくゼロに近いため、さほど気にする必要は無いと思いますが、必須ではない個人情報の収集などは可能な限り避けることが賢明でしょう。

簡単言語切り替え ドリルダウン機能