シンクグラフィカ札幌

メールフォームプロCGI

クレジット決済機能(PayPal決済)

PayPalのExpress Checkout APIを利用して、クレジット決済を導入するための機能です。

簡易料金計算機能ショッピングカート機能によって算出された金額をPayPalにてクレジット決済するための機能になります。

本機能は非常に高度な機能になっております。PayPal決済を利用するためにはPayPalビジネスアカウント(無料)とAPIアクセスの設定が必要になるため、ある程度知識があることが前提の機能になっていますのでご了承ください。

01.HTML側にPayPal決済を指定

PayPal決済モジュールを有効にすると共に、フォームHTMLで
<input type="radio" name="決済" value="PayPal" id="mfp_paypal_payment" />
上記のようにidがmfp_paypal_paymentのcheckboxかradioを設置してください。このオブジェクトにチェックが入っている場合のみ、PayPal決済モジュールが実行されます。また、価格計算機能を利用している事が前提となります。

02.PayPal決済設定ファイルを編集

PayPal決済にはPayPal APIに関する情報が必要になります。この辺りはPayPalサイトのFAQなどをご参照ください。PayPalでは開発者用サイトやsandboxを用意しているため、そのあたりを利用するとよいでしょう。
https://developer.paypal.com/cgi-bin/devscr?cmd=_home

セキュリティ設定

フォームからの送信時に価格情報などが不正に変更された場合に、それを検知し防ぐ機能がItem Secure Matchです。商品IDと価格情報を記載したTSV形式(タブ区切りテキスト)のファイルと照合することで、価格が不正に変更された場合に、その商品情報を無効にします。
詳細は以下のファイルをご参照ください。
/configs/PayPal.cgi
/configs/Items.tsv

ちゃんと動作してるのかコノヤロウ!機能 SQL Export機能