シンクグラフィカ札幌

Web概論

アクセス数(トラフィック)とは何か

2013-02-15

アクセス数が少ない。アクセス数が増えない。なんてご相談をよく受けます。

では、その「アクセス数」とは何でしょうか。日本では「アクセス数」と言いますが、一般的にはトラフィック(交通量・通行量)と言います。まぁようは「Webサイトに誰かがアクセスした量」ということですね。

アクセス数は数値ではない

ここでよく勘違いしてしまうのがアクセス数をただの数値と考えてしまう点です。「誰か」が居てはじめてトラフィックが発生します。何もないところからトラフィックが生まれるわけではないんです。「アクセス数が少ない」とお嘆きの方の多くはその「誰か」の事を考えていない場合が少なくありません。

誰かがたどり着くからアクセスがある

当たり前の話ですが、「誰かが検索」して、「結果としてたどり着く」ことがトラフィックです。トラフィックが自然発生的に得られるわけではないのです。ではその誰かは何故検索するのでしょうか?もちろん「検索」するわけですから「何かを探している」わけです。

何を探している人に見つけて欲しいのか

であれば、答えは簡単です。「何かを探している」から「検索する」のだから、「何を探している人」に自分のWebサイトを見つけて欲しいのかを考えるだけです。当事者の気持ちに立って、どういうシチュエーションで、どういうキーワードを使って、どういう情報を求めているのかを推理しましょう。

「アクセス数が少ない」と考える人の多くは「自分が見せたいものを見せるだけのWebサイト」になりがちです。自分が見せたいものと、検索する人が求めるものが合致していれば問題ありませんが、そうではない場合は表現方法を工夫する必要があります。

「アクセス数が少ない」ともしあなたが考えているのであれば、あなたのサイトに辿り着く「誰か」の事をしっかりと考えて見てください。

HTMLとCSSとJavascriptの役割 ニコ動の黒字化と光の速度
新規コメント出力エリア

エラーメッセージ出力