シンクグラフィカ札幌

メールフォームプロCGI

レジューム機能

予期しない画面遷移やサーバタイムアウトで入力内容が消失することを防ぐ機能です。

誤ってボタン操作をした際に別なページヘ画面遷移してしまいせっかく入力した内容が消えてしまった!という場合であったり、Webサーバが応答せず、フォーム画面に戻ったら入力内容が消えていた!という悲劇を生まないための保険的な機能になります。

レジューム機能はレジュームの例外で指定されたオブジェクト以外のエレメントからフォーカスが外れた場合に実行されます。仕様としてはCookie上にブラウザが閉じるまでの間保管される状態で入力内容を保持します。

これにより、ブラウザをリロードしたり、他ページへ遷移した場合も入力内容は保持され、送信を完了しthanks.jsが呼び出されるまでの間、安全に入力状態を継続することが可能です。

注意点

入力状態の保持は階層毎(ディレクトリ毎)に行われるため、同一ディレクトリに複数のフォームHTMLが存在する場合はコンフリクトを起こして正常に動作しない場合があります。そのため、フォームのHTMLは同一階層に複数おかず、ディレクトリによりセパレートして利用することを推奨します。

checked時にLabelタグのclassを変更する 音声ガイダンス機能